七井コム斎の公式HP 『講談公国』

七井コム斎の公式ネットショップ オデッサ

2010年11月30日

ドムをあきらめない

どうも、ツィマッド社に落ちて講談師になった旭堂南半球です。

僕が出戻りガンプラーとして旧キットに回帰したのは、その量産性の高さと値段の安さ、そしてなんといっても造形美に惹かれたからなのですが。

ドムをあきらめない

なかでも1/144リックドムは名機として知られ私はこれを量産してドズル中将の墓前に捧げるため40機以上を買い漁っておったのです。

ところがこのリックドム、頭から胴体スカートにいたるまでの一体成型、まさにモナカかたい焼きのような歴史的金型がどえらい厄介なものだと知ったのはいみじくも最低限の塗装をしたいと思うようになってからでした。


ドムをあきらめない

この説明書に載っている写真を見るといとも簡単に塗り分けられそうに思うのですがとんでもない!胴体パーツにはモノアイのピンク、モノアイ庇の赤、胸金物の灰、胸環の白、帯の紫、そして黒と実に6色もの塗装が必要になるのです設定通りなら!


色の塗り分けなら一番活躍するのがマスキングテープなのですがこのドムはテープが貼りにくい形状をして、十字モノアイの下のアゴらへんとか、モノアイの中とかもうテープをよせつけないしこれまでさんざん失敗を繰り返してきました。

他に考えられる手段は、ガンダムマーカー、筆塗り、などですがいずれもやってみてとても耐えられなかったのです僕は。


ドムをあきらめない

さらに悲しいことには1/144リックドムはなぜか余計に二色成形(他の1/144シリーズ旧キットは一色成形)で素組みではなんとも中途半端な完成品になってしまうのです。そこでせめても一色成形っぽく見えるようにとスプレー塗装をしたのですが、黒一色ではあまりにも暗く、紫はなかなかいい色のスプレーが売っていないという。

だから私は、もうドムをあきらめかけていたんだ・・・


が、しかーし。さっきふと思いつい、いやピキーン!見えたぞ!!な富野現象が起こったのです。そうだ、まだマスキングゾルがあるじゃないか、と。


ドムをあきらめない

まず今回はあくまでも試作ということで黒の塗装はパス。モノアイと胸環だけガンダムマーカーで塗装(モノアイピンクは隠蔽力最強なれど超乾くの遅くムラになりやすく、黄色は乾くの早いけど隠蔽力弱し)して、マスキングゾルを塗りたくります。胸環を黄色にしたのは整備兵に『危ないよ~ここ』という意味で。


ドムをあきらめない

このゾルは乾いてから切り取れるタイプです。また付属のハケでなく竹串や筆を使うと細かいところにもうまく塗れました。


ドムをあきらめない

ゾルはよほど分厚くぬらない限りけっこう早く乾きますが、やはり液体なのでのんびりと作業していきます。とりあえず今からお昼ごはんにしますので、この続きはまた。

もし大失敗しても報告はしますので見守ってくださいね。

ジークジオン!


年末までの公演情報
----------

これはマジだ!演習ではない!
『比較日本文化研究会 「ガンダム講談」にみる身体化する物語』

日時:12月4日(土) 13:00~17:00(12:40~受付)
場所:難波市民学習センター講堂(OCATビル4階)
会費:無料(どなたでもご参加いただけます)

【講談】  旭堂南半球『ソロモン落城』
【コメント】 高岡周也(ゲームクリエーター) 要敏明(ゲームディレクター) 真鍋昌賢(北九州市立大学准教授)
【司会】  川村清志(札幌大学教授)

【概要】  この研究会では、日本を代表するアニメーション、『機動戦士ガンダム』の展開過程を紹介しつつ、その今日的な表現のひとつである「ガンダム講談」に焦点あてて議論をおこないます。誕生から30年が経過した「ガンダム」は、テレビのアニメーションとして出発し、映画、OVAやゲームといったマルチメディアのなかにも進出していきました。 そのような多様なメディア展開のなかにあって、「ガンダム講談」は、人間にとってもっとも基底的なメディアである「声」と「身体」を駆使しながら、物語を再創造しています。このようなメディアと物語のあり方を見直すことで、情報や物語の多様な展開のあり方とその可能性を探索していきたいと考えます。

研究会事務局 〒621-8555 京都府亀岡市曽我部町南条大谷1-1 京都学園大学人間文化学部 佐々木研究室 tel/fax0771-29-2467 研究会サイト http://d.hatena.ne.jp/hikakunihon/

----------

【第16回大阪ガンダム学会~第11回Vガンダム研究会~】
~リガ・ミリティアの卑劣なる戦術~

日時:12月6日(月) 開場19:00/開演19:30/22:30頃閉会
場所:なんば白鯨(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F 味園ビル隅の妖しげなスロープ上って通路奥右)
会費:1500円(1ドリンク付)

----------

南半球はワッハ上方に散るか!?
【旭堂南半球のガンダム講談一年戦争(完全版)~ア・バオア・クーの章~】

日時:12月11日(土) 18:30開場/19:00開演/21:00頃終演
場所:ワッハ上方4F 『上方亭』
(大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル4F なんばグランド花月の向かい。ジュンク堂ビルの4F)
会費:予約 1500円 http://form1.fc2.com/form/?id=454155(予約受付は10月24日から)
    当日 2000円

演目:
ガンダム講談
『驚天動地のソーラレイ』
『終戦のア・バオア・クー』
(新)『懐の中の戦争』(ポケットの中の戦争より)

----------


【日本橋ナイトVol.7 with あいじる】

日時:12月19日(日) 開場12:00 開演13:00
場所:SEVEN☆DAYS OSAKA http://osaka7days.com/pc/top2010.html
(大阪府大阪市東成区東中本1-15-12 地下鉄中央線『緑橋駅』4番出口より徒歩3分))
入場料+1drink 3000円
入場料+ソフトドリンク飲み放題 3500円
入場料+全部飲み放題 5500円
(出演者取り置きで1000円引き!)
※今回も食事はキャッシュオンのみです。

【ガンダム祭り開催!】
当日はガンプラコンテストを行います!優勝者には豪華景品!自慢のガンプラをお持ちください
参加要項はmixiコミュより!
・スペシャルゲスト 旭堂南半球 当日はドダイYS高座も出撃!
・BandAct
A.Z.SwitchBlade / モナリナず
・LiveAct
スティッキーフィンガーズ / あいじ / 松田純之介 / 原瀬今日香(ポンバシwktk学園) / 山田+ / AKR / 綺芽 / うめ
・フューチャー枠
Shintaro
・ヲタ芸講座灼熱編
鷹城先生
・VJ
FCVDJ-ARM
・MC
フルーツぴーち大将軍 / まつもっさん


Posted by 七井コム斎 at 12:59│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。