七井コム斎の公式HP 『講談公国』

七井コム斎の公式ネットショップ オデッサ

2008年12月02日

MSの穴掘り

MSの穴掘り
私はね、将来家の前に1/1のモビルスーツを建てたいと思っておるのだよ。張りぼてでも一億位はかかると思うがね。だが、それを本気で考えていると真剣に悩むのは”どのMSを建てるか?”という問題だ。いやもう決まっているのだがね、ドムと。全高18メートルの人型建造物となると地震や台風で倒れてくるのが一番怖い。なにせ家の前だからな。家に倒れてくる。それに細かい部品や武器の付いたMSもやめておきたい。たとえばシャアザクだったら、盾や角が折れて飛んで来るから。ちなみに写真の牛久大仏は世界一の大きさで120m。

そんなことを真剣に考えていたらふと思い当った。ジオン軍はどうしていたのか?と。仮に3機のMSがある部隊で、ギャロップなどの母艦はなく、飛行場などを占領して使っている部隊としよう。18メートルのMSが3機、飛行場に突っ立っていたらそれこそ敵の標的である。空からはもちろんのこと、遠距離砲撃の格好の的にもなってしまう。だいいち、パイロットや整備兵はその周りで裸で作業しなければならないことになる。片膝をつけば高さは半分くらいになる。また、寝かせれば高さは台車も含めて6メートルくらいになる。がそれでは背面の整備ができないし、即応力も鈍ってしまう。そう考えると、やはりギャロップやファットアンクル、ガウなどの”立ったままMSを収容できる母艦”のありがたさがわかってくる。内部は風雨をしのげるだけでなくMS整備工場の設備を満たしているのだから。だがその母艦もあまりに巨大なために標的となってしまう。一番安全なのは動き続けることで、ギャロップは走り続け、ガウは飛び続けるしかない。だがそれでは拠点の制圧はできない。

基地で飛行機などを敵の攻撃から守る設備に”掩体”というのがある。これはいわば”でっかい防空壕”で分厚いコンクリートでできたカマボコ状の建造物だ。MSは寝かせればほぼ現在の戦闘機くらいの大きさだから爆撃機用の掩体があれば入れるかもしれない。だが、それでも立ったままと言うわけにはいかない。どちらにしろそれだけ巨大な掩体を作るのは大変である。コンクリートという資源は意外に高価なのである。
MSの穴掘り

そこで、アニメを見てみると、0083のピッター少将のダイヤモンド鉱山基地、08小隊のギニアス少将のチベットラサ基地、マクベのオデッサ鉱山基地など、やはり穴倉が多い。モビルスーツや宇宙戦艦を安全に収容しておくにはやはり巨大な穴倉が一番良い。

一番てっとり早いのは山の斜面などを掘っていくやり方だ。で、この穴掘りが地球侵攻作戦部隊の一番の仕事となる。それをするための重機・・・ザクがあるではないか!だが、戦闘用MSにスコップを持たせて・・・と言うのは安直過ぎる。たとえ穴掘りでもMSは損耗する。それに虎の子のザクを使うわけにはいかない。穴掘りの最中の護衛も必要だ。だからだギレン。この穴掘りのために作業用MS、旧ザクが活躍するのだ。土方MS旧ザク。本来そんな設定だった旧ザクもファンの人気が高じて最近は戦闘用MSとして注目されすぎている。だが、旧ザクの醍醐味は”作業”それを忘れないでやってくれまいか。

バンダイさん、旧ザクのプラモにはスコップをつけてください。


Posted by 七井コム斎 at 11:59│Comments(5)
この記事へのコメント
ふと思いましたが、連邦のコアブロック構想ってMSを簡単に二分割出来るという点は、運用面で結構重宝したかもしれませんね。
特に地上では。

この辺は地球と宇宙の感覚の違いなのかも。
あんな重いもの、当然ワンタッチで分割しなきゃと思うのが地球っ子。
Posted by ごんぼそ at 2008年12月02日 13:13
そして、穴掘りMSアッグの構想へと繋がっていくわけですね?
Posted by 雷音 at 2008年12月02日 14:29
08に出てくるザクタンクも上半身はザクⅠじゃなかったですかね?
Posted by はちすか at 2008年12月02日 14:52
ごんぼそさん
なるほど、コアブロック!でもジムにはないんですよね・・・

雷音さん
アッグね!掘るだけだけどね!!

はちすかさん
そうでしたね~。
Posted by 旭堂南半球旭堂南半球 at 2008年12月03日 12:49
120mということは、イデオンくらいの大きさですね!>大仏

それ作った人のインタビュー読んだことありますわそういえば
Posted by イワハシ at 2008年12月03日 15:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。