七井コム斎の公式HP 『講談公国』

七井コム斎の公式ネットショップ オデッサ

2009年08月09日

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

ノーモアヒバクシャ、ノーモアマケイクサ、長崎型原爆被爆三世(本当)の旭堂南半球でございます。

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

というわけで、今日の1日1日キットは1/100リアルタイプゲルググです。このキットは1/100ゲルググと全く同じプラモデルの色違いで、デカールというややこしいもんが増えてるだけのバンダイビジネスなわけですが、上田信大先生の超絶カッコイイゲルググが拝めるこの”箱”だけでも十分お釣りがくるというもんです!それに引き換え最近のガンプラの箱絵と言ったら・・・社員が残業で描いてるんでしょうかな。

それはともかく、最初は1/100ゲルググの方を作ろうと思ったんですよ。でパーツを並べたらこんな感じで

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)


グレーと緑、グレーと緑は思い切った色合わせですよねジオン公国。最近ちょっと灰色のプラモにも飽きてきていたんで

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

不思議なことに1/100ゲルググは家に1箱しかなかったんですが、1/100リアルタイプゲルググはなんか3箱あるしそれにこのパーツの色がなんともカッコ良いのですよ見て下さい。

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

ここで思いついたのですが、リアルタイプとリアルじゃないタイプは全くパーツが同じなんだから、成型色を入れ違いにできるじゃんなどとコロンブス輸送船の卵なことを思いついたんです。この胴体のこげ茶のパーツをノーマルゲルググの緑の胴体と入れ替えてやろうか知らんと考えた挙句、やりませんでした。

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

旧キットも大体MSはパターンがあって、基本関節内の細かいパーツ以外は全部先に切り離してしまった方が早く作れます。説明書を片手にランナーから読みにくい番号を探して(番号の並び順もまったく不条理)几帳面に作っていくと無駄に疲れます。右手左手右足左足のパーツの違いは慣れてくるとすぐわかるようになります。でも失敗を恐れず。私の1/144ドムと1/100ドムどちらも腕が左右逆になっていることに昨日気付きました(逆でもあまり困らないんだけどね)。


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

足の裏はモールドが妙に良くできている。


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

ビームライフルは気持ち良いくらいのまき割り。スパーンと割れてます。手首にボールジョイント状のOパーツ。でもボールジョイントである必要全くなし。


正直このキット、作りだしてからすぐに胸の高鳴りを抑え切れませんでした。やっぱ俺ゲルググ好きなんだなぁ・・・と昔から好きなタイプの女、例えばハーフじゃないのにちょっとハーフっぽい娘が一生好きなことに変わりがないんだなぁとつくづく思い知りました。おそらく、何べんも挑戦した事のある1/100ゲルググ。でも完成品が家に一切残っていないことと飾っていた記憶もないことから私のガンプラ黒歴史そのものの元凶がここにあるのでしょうか?

さてこのキット、やはり1/100というのは旧キットのMGなんでしょうか、パーツの合いは1/144の比ではなく良いです。というより一番子供向けモデルの1/144が一番難しいというのは歴史の皮肉でしょうか。もとい、このキットは特に凝ったギミックもなく、股関節の開閉(足をハの字に開くことができる機構)もないし、腕の付け根の前後可動(胸をはったように見える機構)もなく、まさに初期旧キットのモビルスーツ人形たる設計なのです。

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

作るだけなら90分もあればできそうだったのですが、どうしてもこのゲルググはてきとーに作る気になれず、全身をスポンジやすりで研ぐという作業を追加しました。これは継ぎ目を完全に消せないまでも少しマシになるのと、それ以上に重要なのはつや消し効果が期待できることなのです。

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

もちろんつや消しスプレーでやってしまえば一瞬なのですが、どうも最近つや消しスプレーのつや消しが見破れるようになってしまって、自然につやが消えているんじゃなくてスプレーの粒子で光の反射率をごまかしているだけやんって感じてしまうお年頃。スポンジやすりも原理は大したことないのですが、全身をすりすりやって出来上がったプラモというのはもう自分の腹を痛めて産んだ娘のように愛おしいものになるのです。

今回ちょっと改造じみたことを。ジオニックのMSは足の裏の面積が小さいので接地性が悪くよく倒れるのです。1/100は大きさがあるので棚から転げ落ちたりすると確実に角が折れたりしてしまいますセイラマス。そこで粘土を足の裏に仕込んでみることにしました。ダルマの原理です。

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

多すぎると重くなりすぎてプラモっぽさまで失うのでま、こんくらい。気持ちです。気持ち。粘土の粘りだけで吸着させています。足の中で外れたら・・・そんときゃそんときです。

というわけで完成です。

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
マ正面


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
マ横


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
マ後


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
ナナメ前


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
ナナメ後


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
武装あり前


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
武装あり後ろ


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
兵士視点


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
宣伝用


1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
同スケールのギャン・ドムと比較。やっぱりドムでかい。



1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)
1/144ゲルググ・リゲルグ(ゲルググ仕様)と比較。やはりリゲルグは好きになれん。




1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

総括 この写真見て下さい。足こそ安彦立ちができませんが上半身は箱絵のまんまかと思うほどよく出来上がっています。正直こんな良キットが目の前にありながら、何で今まで気がつかなかったのか不思議でなりません。が、理由として考えられるのは1/100ゲルググはやたら箱がでかくいくつも買えないのです。置くところもないし、荷物になるし、値段も高いような安いような。そのうえ箱絵のゲルググがカッコ悪い。箱の横にのっている完成写真もわざとみたいにカッコ悪いポーズをとらせてある。あと、ゲルググの成型色グレーと緑っちゅうのがなんかテンションを下げるのではないでしょうか。リアルタイプゲルググはたぶん不遇の良キットゲルググを見直してもらおうと、カッコイイ箱絵にカッコイイ成型色でリリースされたのではないかと夢想します。でも、中身がゲルググと全く同じだったため”バンダイ商法”のレッテルを俺の中で勝手に貼られ、箱を飾るだけの重要文化財になっていたのです。

念のため言うときますが可動はほとんどしません。胴体から離れることができた肩アーマも結局胴体に接着するという、もうこれが正しいんだと考えたら、絶対ギャンにすべきだよ総帥府は。1/100ギャンは足首の可動等先進的な技術が随所に見られます。このゲルググは対称的で設計は古いのですが完成するとカッコイイのです。とりあえず旧キットで1/100ギャン・ゲルググ・ドムはお勧めです。ギリシャの女神像くらい無可動で楽しんでください。

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

完成までに5時間半もかかってしまいましたが私は子供の頃の忘れ物をひとつ持ち帰ることができたような気がします。

というわけで、今日から一週間ほど1日1日キットはお休みします。仕事せな!








告知

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

【旭堂南半球の第二次ガンダム講談一年戦争 大阪方面軍 オデッサの章】
日時:2009年8月15日(土) 18:30開場/19:00開演

場所:ワッハ上方4F小演芸場『上方亭』
大阪市中央区難波千日前12-7  YES・NAMBAビル 4F (なんばグランド花月の向かい。ジュンク堂ビルの4F)

料金 前売り1800円 当日2000円 

ご予約 http://www.gundamkodan.com/yoyaku/


出演・演目

旭堂南半球 ガンダム講談『ハモンの散華』『キシリア三勇士の猛攻』

『ガンダム座談会』




--------------------------------------------------------------------------------

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

【旭堂南半球の第二次ガンダム講談一年戦争 東京方面軍 オデッサの章】

日時:2009年8月16日(日) 

場所:阿佐ヶ谷ロフトA  http://www.loft-prj.co.jp/lofta/
(杉並区阿佐ヶ谷南1-36-16-B1 JR中央線阿佐ヶ谷駅パールセンター街徒歩2分)

【前半】(ガンダム講談中心)

開場12:30~ 開演13:30~

【後半】(ガンダム座談会中心)

開場17:00~ 開演18:00~


料金 

【前半】前売1800円 当日2000円 

【後半】前売1800円 当日2000円 

【前後半】前売3000円(50枚限定)

チケット予約:ローソンチケット 全国のローソン店頭の「Loppi」でも購入いただけます。(Lコード36103)


出演・演目
旭堂南半球 徳島雅彦(ゲーム監督) 紙切り岡本(ガンダム紙切り) 他


--------------------------------------------------------------------------------

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

【ガンダム講談 ~全ての戦争被害者を追悼する夕べ~】
日時:2009年8月17日(月) 開演 19:30~21:00

場所:覚成寺本堂(岐阜県安八郡安八町西結701)

料金:無料
          
『スパイ107号の死』 『ジャブローの城攻め』

お問い合せ / 0584-62-3998(覚成寺・大平まで)


--------------------------------------------------------------------------------

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

【旭堂南半球のガンダム講談会 カ・ナガ・ワー方面軍 ガルマザビの章】
日時:2009年8月22日(土)

開演 17:30 開場 17:00

場所:横浜中華街・チャイハネシルクロード舞踏館
   
料金:前売り1900円 当日2300円 高校生以下1500円(要学生証) 

予約:http://gkkanagawa.web.fc2.com/
          
出演
旭堂 南半球
宝井 琴柑
紙切り岡本


--------------------------------------------------------------------------------

1日1日キット(1/100ゲルググ・リアルタイプ)

【浪切講談~四代目旭堂南半球南陵一門会~】

日時:2009年8月23日(日) 

開場 13:30 開演 14:00

場所:浪切ホール 小ホール 会場地図

料金:前売り(全席指定) 一般 3000円  友の会 2500円  当日券は500円増

予約: http://form1.fc2.com/form/?id=451194

内容:四代目旭堂南陵を主として、旭堂南陽、旭堂みなみ、旭堂南半球、そしてしの笛の森田玲と民の謡が出演します。泉州ゆかり話も演目のなかに入ります


Posted by 七井コム斎 at 06:46│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。