七井コム斎の公式HP 『講談公国』

七井コム斎の公式ネットショップ オデッサ

2009年11月11日

1日1日キット(1/100シン・マツナガ高機動型ザク 3)

1日1日キット(1/100シン・マツナガ高機動型ザク 3)

というわけで完成編ですが、この下半身だけの時はかなりかっこいいですね。それと上半身を合体させますよ。



1日1日キット(1/100シン・マツナガ高機動型ザク 3)
マ正面とマ後ろ

ハイ、完成しました。・・・かっこ良い? 微妙。確信が持てない。


1日1日キット(1/100シン・マツナガ高機動型ザク 3)
マ横左右

右側面と左側面から見たときの表情が違うのがザクの魅力ですね。


1日1日キット(1/100シン・マツナガ高機動型ザク 3)
あおり前後

NASAが開発してそうな足周りと、本気で戦争に勝つ気のランドセル。あおりMSVは裏切りません。


1日1日キット(1/100シン・マツナガ高機動型ザク 3)
1/144ザクマインレイヤーと

ザクマインレイヤーには通常ザク用ランドセルと動力パイプが付いていてザクにできます。その親切心が1/100シンマツナガザクにはないんですね。白いザクマシンガンは芸術的ですらあるのですが、ザクバズーカもヒートホークも付いていないんです。1000円もして1/100シリーズでも最大級の大きさの箱なんだから、それくらいのサービス精神が欲しかった。


1日1日キット(1/100シン・マツナガ高機動型ザク 3)
1/100ザクと

この写真は普通に二体を並べて撮ったんですがまるで合成したのかと思うほど別世界感がありませんか?ザクR型は工事現場に置いてある重機ようなリアルさがありますが通常ザクの今にも動き出しそうなことと言ったら。


総括

このキット、一言で言うとバランスが悪いんですよ。もちろんこのMSの魅力はアンバランスさにあって、まるでジオンらしくない直線的なメカ部分と肉感的なザクのなまめかしい部分が共存している。でもそのかっこ良さを最終的にバランスの所で完成できなかった感があります。このザクRのMGの1.0と2.0を見比べてもこのMSちょっとしたバランスの変化で全く印象の違ったものになることがわかります。

1日1日キット(1/100シン・マツナガ高機動型ザク 3)
左MG1.0定価2940円  右MG2.0定価4725円

もとい、このMSVですがどうもポーズが決まりません。というのも可動個所がそこそこ増えている割に増えた関節はどれも摩擦が利いておらずどうにもポーズが固定しにくいんです。たとえばこのキットの場合、必ず右に傾げます。それはシールドとマシンガンの重さによるものかもしれませんが、それまでのザクではあまりそのようなこともないのでつまりは関節がその重さにすぐ負けてしまって動いている、ということなのでしょう。さらにいえばこのキットの象徴ともいえるどでかいランドセルですが案の定後に比重がかかっています。すなわち直立させようにも次第に後ろにのけぞるか、それをさせないために前の方に踏ん張ると今度はどんどん前につんのめってきます。足パーツに粘土でウェイトを仕込んでいるので立っていられますがそれをしていなかったらコケルのではないでしょうか。兵器にとって適度な重さと重心というのは大事で、重すぎる戦車や、重心が偏っている兵器は実際にもかなり使いにくかったようでスペックには表れない性能として戦記などに語られています。


1日1日キット(1/100シン・マツナガ高機動型ザク 3)

最後にこのザクの顔ですが、ザクの顔は人間の顔のごとくみんな違います。生産されたプラモ・フィギュアの種類の数だけザクの顔があるわけですからそりゃもう無数にあるわけですが、このキットの場合、顔の幅はかなり細面です。それは旧キットのザクが横広な顔で正面から見るとかっこ悪かったからそうしたんでしょうが、斜めから見たときに見える”反対側のモノアイスリットの小窓から見える向こう側”が見えなくなっています。顔の好き好きはもう好みですからあれですが、パイプが細いのは治らないんでしょうかね(MGでは太くなってますね)当時のガンプラ制作者たちはなんでザクの顔パイプを太くできなかったのだろう?どうしてあんなに顔から離すんだろう?どうしてパイプの付いている口ひげ部分がいつも前の方なんだろう?と疑問は尽きません。当時ザクの顔だけのプラモを作って売る闇のプラモ業者とかいなかったんですかね。


















告知

--------------------------------------------------------------------------------

第61回【講談日本一亭南陵会】
日時:11月12日(木)18:30開場/19:00開演
場所:ワッハ上方4F 上方亭
料金:1000円 

出演・演目
旭堂 南陽   『ドン・キホーテ外伝 セルバンテス物語』
旭堂 南半球 『ガンダム講談~終戦のア・バオア・クー』
太平洋    『竜馬翔る~脱藩~』
旭堂 南陵  『黒雲の辰』

ただいま講談初体験キャンペーン中!
受付で「講談聞くの初めてなんです」と言って頂ければ無料になります。


--------------------------------------------------------------------------------

【旭堂南半球の第二次ガンダム講談一年戦争~地球(東京)方面軍~ソロモンの章】

日時:11月15日(日) 16:30開場/17:30開演
場所:アサガヤロフトA http://www.loft-prj.co.jp/lofta/
(杉並区阿佐ヶ谷南1-36-16-B1 JR中央線阿佐ヶ谷駅パールセンター街徒歩2分)
料金:予約 1800円  http://form1.fc2.com/form/?id=456147
    当日 2000円
演目:『ビグザム出撃』『マクベの武士道』他
ゲスト:徳島雅彦 


--------------------------------------------------------------------------------

【旭堂南半球の第二次ガンダム講談一年戦争~宇宙(大阪)攻撃軍~ソロモンの章】

日時:11月20日(金) 18:30開場/19:00開演
場所:ワッハ上方4F 『上方亭』
(大阪市中央区難波千日前12-7 YES・NAMBAビル4F なんばグランド花月の向かい。ジュンク堂ビルの4F)
料金:予約 1800円 http://form1.fc2.com/form/?id=454155
    当日 2000円
演目:『ビグザム出撃』『マクベの武士道』他

--------------------------------------------------------------------------------

第3回【大阪ガンダム学会】(毎月第一月曜)
~ガンダムF91をしゃぶりつくす~

日時:12月7日(月) 開場19:00~ 開演19:30~
場所:なんば白鯨(大阪市中央区千日前2-3-9味園ビル2F)
学会費:1000円(1ドリンク500円別)


Posted by 七井コム斎 at 02:40│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。